安全で安心できる歯科治療を実践している医療従事者集団 | OAM(大口式)友の会

サイトマップ 個人情報保護方針

私たちは安全で安心できる歯科治療を実践している医療従事者集団です。
できるだけ骨をドリルで削らない「OAM(大口式)インプラント法」を導入し、
患者、術者(歯科医師)双方にとって安心して治療を進められるシステム作りに取組んでいます。

OAM(大口式)友の会活動方針

  • インプラントに対する最新の医療情報を歯科医師、一般の方々へ発信します。
  • OAM(大口式)インプラント法の「安心・安全」コンセプトを普及させます。
  • 会員相互間の研鑚、交流に努め、地域医療に貢献します。

当会は安全なインプラント治療の普及を目的に活動するとともに、今後は歯科治療全てにおいて安全かつ安心できる治療法と経営スタイルの普及、啓蒙を目指しております。

  • 様々なセミナーや広報活動を通じ、患者さんに「安心・安全」なチーム医療を実践する医院集団としてご評価いただけるよう努力してまいりたいと思います。
  • ”すべては患者さんのため”、私たちが目指す歯科医院経営の基本です。

OAM(大口式)インプラント法とは

骨をできるだけ削らないインプラント手術法です

骨をできるだけ削らずに患者さん自身の骨を拡げてインプラントを植えることができれば骨の移植や比較的難易度が高いGBR( Guided Bone Regeneration:骨造成)を回避することができます。
OAM(大口式)友の会会員の医院ではこの方法でインプラント手術を行うことが可能です。

骨を拡げるインプラント手術法のための新たなテクニック

骨を拡げてインプラントを植立するという方法によって、骨が細くてインプラント治療をあきらめなければならなかった患者さんにもインプラント治療をご提案することができるようになりました。
骨を拡げる方法としては骨頂部に溝を形成しその溝を骨ノミという器具で拡げるリッジエクスパンジョンやスプリットクレストという方法もありますが、骨を拡げるために頬側歯槽骨板にも縦溝の形成が必要なことがあります。溝を付与すると血流が阻害されるため拡げた骨への栄養供給が悪くなり予後に不安が残ります。
OAM(大口式)インプラント法では器具と術式の工夫により縦溝の形成がほとんど不要になりました。その結果、血液供給という不安要素がなくなり細い骨の方のインプラント手術を行うことが出来るようになりました。
OAM(大口式)インプラント法の考案、開発者である大口弘先生の学会発表以降、皆様のご意見、アドバイスを取入れながら新しいテクニックと新たな器具を開発し研修会を通じて発表、技術の習得を行っています。
新たなテクニックについては「会員限定非公開コンテンツ」にてご確認いただけます。

リッジエクスパンジョンでの
骨頂部への溝形成

骨ノミで拡げる方法

【2006年以降に追加された主なテクニック】 ・プレスリッティング法
・スリッティング法
・ステップバック法
・ジグリング法
・ハイブリッド法
・ポーラステクニック

OAM(大口式)インプラント法を活用したインプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャーとは総入れ歯や多数歯欠損の部分入れ歯(左右に及ぶ大きな入れ歯)の方に適したインプラントを活用した外れにくい入れ歯です。
歯ぐきが痩せて入れ歯が外れやすくなったと聞かれたことはないでしょうか。入れ歯を支えているのは残った歯と歯ぐきです。どちらもしっかりしていないと入れ歯を安定させることができません。歯ぐきはその下にある歯槽骨の幅が細く、高さが低くなるにともなって痩せてしまいます。
そのような方にはインプラントオーバーデンチャーで噛む機能を回復していただく治療法はお勧めです。インプラントの本数も上顎で4本、下顎で2~4本と出来る限り少ない本数で効果があるため、費用の負担も軽減できます。

《インプラントオーバーデンチャーの構成》 インプラントに突起を取り付け、その突起に勘合する部品を入れ歯内面に取り付けます。勘合させるための部品にはマグネット(磁石)やOリング、樹脂キャップなどがあります。

《骨が痩せているとインプラントそのものが難しい》 インプラントオーバーデンチャーは総入れ歯の方や大きな入れ歯の方にとって非常に有効な治療法ですが、骨が痩せているためにインプラントそのものが出来ない場合もあります。
そのような場合に骨の移植やGBR( Guided Bone Regeneration:骨造成)を行うことになりますが、インプラントが骨に結合するまでの間、仮の入れ歯を使えない期間が必要になります。
そのような場合にOAM(大口式)インプラント法で骨を拡げて穴を作り、インプラントを植立することができます。


《TUMシステムとコラボしたOAM(大口式)インプラントオーバーデンチャー》 骨の形状に合わせてインプラントを植立すると、それぞれの方向が平行にならないことがあります。そのような場合には勘合させる方法として樹脂キャップを使用します。
この方法であれば、それぞれのインプラントの方向が最大60度開いても対応できる方法です。
OAM(大口式)友の会ではTUMシステムの開発会社である株式会社T.U.Mとコラボして研修会を開催しています。
TUMデンチャーシステムについてはこちらをご覧ください。
http://tum-dental.co.jp/about/implantover/

インプラントのリノベーションという考え方

年齢を考慮した上部構造(被せ物)

インプラントのメリットは失った歯の代わりに骨にしっかりと固定された土台(インプラント体)に上部構造(被せ物)が装着されることで、ご自身の歯のように“見た目”も“咀嚼機能”も回復できることです。この点において、ブリッジや入れ歯に優位性があることは論をまちません。

インプラントを長く快適に使用していただくには口腔内のメンテナンスは自分の歯以上に気を付けて行っていただく必要があります。住まいや家電、車がそうであるように、日頃のメンテナンス次第で長もちする人とそうでない人がいるのと同じです。
ご自身でできるメンテナンスとして歯ブラシによる歯磨きに加えて、歯間ブラシやデンタルフロスを併用してインプラントの周囲を出来るだけ清潔にしておくことが大切です。

ただし、加齢とともに手先の器用さが衰えると歯間ブラシやデンタルフロスを使用することが難しくなったり億劫になったりします。このような場合には上部構造を取り外すことができるタイプもあります。

《インプラントオーバーデンチャー》

前述のインプラントオーバーデンチャーに重複しますが、総入れ歯や多数歯欠損の部分入れ歯の他に、少数のインプラントブリッジにも対応できる方法もあります。この方法の特徴は患者さんが自分で被せ物を取外しできるので、歯磨きをする時には口の中と被せ物を別々に清掃できます。被せ物は超音波洗浄機などの機械を使って清掃することもできます。

つまり、患者さんの状況に合わせてインプラントの上部構造を作りかえていくというのがインプラントのリノベーションという考え方です。

インプラントが破損、脱離した場合の対処法

残念ながらインプラントが破損、骨との結合が失われて脱離する場合もあります。
そのような場合には新しいインプラントを再埋入して上部構造を作り直す方法と、残っているインプラントを利用してリカバリーする方法があります。
ここでは残っているインプラントを利用してリカバリーする方法についてご説明いたします。

複数のインプラントが入っていましたが1本のみインプラントが残った模型と、リカバリーのために製作したインプラントオーバーデンチャーです。

インプラントオーバーデンチャーを装着した状態です。

今まで使用していたインプラントに突起を装着して、新たに製作するインプラントオーバーデンチャーの内面の凹んだ部分に勘合させます。

1本のインプラントではインプラントオーバーデンチャーが回転してしまいます。残っている歯を利用してインプラントオーバーデンチャーにアーム形状を付与して回転を防止させます。

アーム部分に金属の小さなプレートを付与してインプラントオーバーデンチャーの沈み込みを防止します。

このように万が一インプラントが破損、脱離した場合にも対処できる方法があります。OAM(大口式)友の会ではこれらの方法について研修会や臨床発表を通じて会員の方にご案内しています。必要な方は会員医療機関にご相談ください。

インプラント保証システムとは

インプラント保証システムという安心

インプラントを長く使っていただくためには歯科医院での定期的なクリーニングや咬合調整のほか、ご自身による歯磨きが欠かせません。 それでも万が一インプラントが脱離や被せ物が破折した場合に保証システムがあれば患者さんは安心してインプラント治療が受けていただけます。
しかも、その保証が歯科医院独自で行うのではなく、第三者機関(たとえば保険会社)が保証するシステムであれば患者さんも歯科医院も両者ともに安心していただけるでしょう。

2社のインプラント保証システムをご紹介

インプラントを希望される患者さんは性別、年齢、インプラントの数量、長さ、太さなど症状によって千差万別です。 保証システムを会員の皆様にご紹介するにあたり、ご満足いただけない保証内容であってはならないと考えました。 そこで、国内2社のインプラント保証システムをOAM友の会会員医院にご紹介して最適と思われるプランを選択していただけるようにいたしました。
それぞれの保証内容、範囲につきましては専門家がご説明いたしますので、必要な方は事務局までお問合せください。詳しい資料を送付のうえ、ご対応させていただきます。

(A社のシステム) 保証料(掛け金)によって1~3年の免責期間(※1)が選べます。
インプラント手術日から10年間に発生するインプラント脱離による再埋入(再手術)に対応します。
インプラント手術日から10年間に発生する上部構造破損トラブルに対応いたします。
(※1)免責期間が1年の場合はインプラント手術日からインプラント脱離までの期間が1年を超えた場合に保証が受けられるシステムです。 免責期間3年であれば3年を超えた場合に保証が受けられます。3年未満の場合には保証は受けられません。

(B社のシステム) 免責期間は一律1年です。
保証は5年更新で最長10年まで保証を受けることができます。5年分の保証料(掛け金)はAの約半額です。
インプラントが脱離した場合の再埋入(再手術)にも対応しますが、インプラントの再埋入を希望されない場合には入れ歯やブリッジの治療費用にも保証の範囲内で対応することが可能です。

  • 会員限定非公開コンテンツ
  • ご利用料金のご案内
  • 医療従事者向けセミナー、歯科商材販売、歯科器具開発、医院増患コンサルティングのエイペックスメディカ
  • 会員様専用コミュニティサイト
  • お問い合わせはこちら
ページ上部へ戻る